忍者ブログ
チェンマイ素人学(風俗)専攻の良太ソチンダです。タイの風俗に関する話題を中心に、日記感覚で気軽に更新していく予定です。 外道士族の方々のコメントをお待ちしています。なお、お店の紹介や女の子の仲介などはできません。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ご挨拶、遅くなりましたが本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 さて、昨日2月14日は言わずと知れた聖バレンタインデー。

 タイでは、男性から女性へバラの花を贈るのが一般的と言われていますが、当然この日に関係を結んでしまうワイルンも多く、ひとしきり社会問題となっておりました。

 昨年までは、然るべき役所が「事態を憂慮し、然るべく警戒をする」なんて発表したりしていました。今年は聞かないなぁ、もう珍しくも何ともない訳? なんて思っていましたが、こんな報道がありました。

 

中高生の13.2%が性体験

 私立アサンプション大学が、バンコク在住のマタヨン1年から6年課程(日本の中学生高校生にほぼ相当)に通う生徒1,843人を対象に2月4日から12日にかけて行った世論調査によれば、13.2%の回答者が既に性体験があると回答した。

 性体験があると回答した者のうち、87.6%は恋人が初体験の相手だったと回答したが、1.9%の回答者が売春で、1.0%の回答者がディスコやパブ等のエンターテイメント施設で知り合った者が初体験の相手だったと回答していた。

 

 初体験を持つことになったきっかけに関しては、最も多い62.7%の回答者が相手に対する愛情や好意をあげ、32.1%が経験したかったからと回答したが、知人から強引に経験させられたと回答した者が11.0%、猥褻な映画やウェブサイト、VCD等を見て刺激されたと回答した者が10.1%、酒に酔った勢いでと回答した者も8.3%いた。

 

 さらに、最近3ヶ月間に性的関係を持った相手に関しては、81.7%の回答者が恋人と回答する一方で、7.3%の回答者がHi-5やMSN等のネットサービスを通して知り合った相手、4.9%の回答者が売春と回答していた。

 

 なお、性病感染予防策を講じていたのは僅かに15.7%に留まった。

 

 一方、バレンタインデーである14日に性的な関係を持つ可能性に関しては、僅かに3.7%が持つつもりであると回答するに留まり、22.6%の回答者がまだわからない、73.7%が無回答ないしは持つ考えは無いと回答していた。

 

 まず、この記事からでは、調査対象が男女なのか女子のみなのかが分かりませんでした^_^;

 

 年齢の分布もよく分かりませんが、均すとこれくらいの体験率なのでしょうか^_^;

 

PR

 相変わらずオコチャマ関連、続出のタイです^_^;

 

========

 

児童売春斡旋の17歳少女逮捕

 警察は7月12日、同じ学校に通う14歳から16歳の少女9人に対し売春を強要していた容疑で、チャチュンサオ県内にある有名マタヨン校に通う17歳の少女を逮捕した。

 

 この逮捕は、チャチュンサオ県内の有名マタヨン校に通う少女が年少者を好む男性を相手に売春を行っているとの通報に基づき行われた囮捜査により実現したもの。7月11日夕方に 少女が14歳の少女を連れ待ち合わせ場所のホテルに現れ、料金1,500バーツを受け取ったところで逮捕された。

 

 逮捕された少女は調べに対し、家がお金に困っているので、自分の学費を稼ぐ目的で仲間からの勧めを受け売春の斡旋を始めた。家を借りて、売春で稼ぐことに関心があった9人の少女と一緒に暮らしながら客からの注文を受けては少女を派遣していた。売春代金1,500バーツのうち500バーツを自分が受け取り、残りの1,000バーツを売春をした本人に渡していた。みな自発的に売春をやっており、自分から売春を強要することはなかったと証言しているという。

 

マタヨン校(または、マタヨン課程とも)とは、日本で言う中学校・高等学校に相当します。タイは基本的に中高一貫校であるため、マタヨン課程に1年生から6年生まであり、日本の中学1年から高校3年に相当します。マタヨン (มัธยม) の頭文字「(モーと発音します)」に学年の数字を付けて、ม.1(モーヌン)ม.6(モーホック)で学年を表します。制服のブラウスの胸に学校名等と共に刺繍されていますね。

 

 

14歳少女、幹部警官の息子から性的暴行

 7月20日、サコンナコン県チャルゥンシン郡内在住の14歳の少女が村長や母親を伴い県記者協会の事務所を訪れ、同県スワーンデーンティン郡内在住の警察少尉クラスの地元警察幹部を父親に持つ16歳の少年に酒を飲まされた上で性的な暴行を受けたと訴え出た。

 

 警察に訴えてももみ消されるだけだと思い、敢えてマスコミに訴えたという少女によると、6月19日に学校で行われた行事に参加した後に、女友達3人と一緒にショッピングセンターに遊びに出掛けた。その帰り道、給油の為に立ち寄ったガソリンスタンド内で女友達の内の1人と顔見知りだった少年のグループに会い、意気投合して一緒に学校近くにある少年のアパートの部屋に遊びに行った。

 その後、アパートの部屋で楽しく談笑していた際に、酒を持って現れた少年の友人が合流して酒の回し飲みが始まり、皆につられて自分も酒に口を付け、2杯目あたりから意識朦朧としてしまいその後の事は一切記憶していなかったが、正気に戻り友人と一緒に帰る際に性器の部分を中心にした痛みや違和感を感じていたという。

 

 その後、7月始め頃になって、自分が性的な暴行を受けているクリップ・ビデオの存在を知ることになり、一緒に行った友人を問い詰めた結果、酒に酔っていた際に少年により友人等の前で性的な暴行を受けていたことを知った。当初は両親にも黙っていたが、その後別のルートでクリップ・ビデオの存在を知った母親からに問い詰められて全ての事情を話し、親戚や村長等と相談した上でメディアに告発する決心をしたという。

 

 記者協会関係者立会のもとで少女からの被害届を受けた警察側は21日、既に被害届及び少女に対する事情聴取結果を受け、立件に必要な作業に着手していることを明らかにした。また、ハッキリとビデオに映っている少年に対する身柄確保等の措置が遅れている点に関しては、同じビデオに映っている少年1人、少女1人に対する裏付け捜査や未成年者容疑者に義務づけられている検察や心理学者、弁護士の立会人の手配等が必要であるためだと釈明している。

 

◎それにしても、そう言うビデオクリップはどういう所に出回っているんでしょうか? やっぱり、携帯電話のサイトでしょうか?(_゚☆\ ベキバキ

 

 

「子供好き」の意味を取り違え(^ ^;

 7月19日午前010分、パタヤ市内のオープンバーに勤務するチートさん(仮名、21)「娘が外国人に監禁されている。助けてほしい」と警察に訴えた。

 

 警官がパタヤ在住の米国人リンウード容疑者(72)の自宅に向い中に入ったところ、同容疑者はチートさんの娘エーちゃん()を抱きしめながら、TVを見ているところであった。

 チートさんによれば、娘のエーちゃんを連れてパタヤの海岸を歩いていた時に、リンウード容疑者が「僕は子供が大好きだ」と話しかけてきたという。さらに、「学費と生活費を出させてほしい」との申し出をしてきた。

 最初はまったく信じなかったチートさんだったが、その後、両親にも会い、リンウード容疑者が正式に援助を申し出たとこから、両親や親戚の勧めもあってエーちゃんの教育費や自分の住居費の面倒を見るという条件で今年5月に養子契約を交わしたいう。

 

 その際、リンウード容疑者は「時々は自分の家で一緒に寝ること」を条件として提示。しかし、リンウード容疑者を信用していたチートさんは特に疑うこともなく、エーちゃんと2人だけで過ごすことを容認した。

 

 しかし、その後リンウード容疑者は、定期的にエーちゃんをリンウード容疑者の家に行かせるという当初の約束だけでは満足できなくなり、終いにはエーちゃんを家に留めてチートさんに会わせることを拒むようになった。不審に思ったチートさんが、17日に何とかエーちゃんに会うことが出来た際に生活状況を聞いたところ、毎晩のようにリンウード容疑者に性器を触られたり、無理矢理リンウード容疑者の性器を咥えさせられていると話したため、リンウード容疑者にエーちゃんの返還を要求した。しかし、要求が拒絶されたことから、警察に被害届を提出したもの。

 

 逮捕されたリンウード容疑者は、警察の取り調べに対して一貫して容疑を否認しているが、警察側は、チートさんとエーちゃんとの証言に一致する点が多いことから、チートさんの告発は事実に基づいたものであると見て、医療機関でエーちゃんの診察を行った上で、あらためて詳細な事情聴取を行う方針を明らかにしている。

 

◎母親のチートさん、エライ! バービアで働きながら、娘を育てていました。それにしても、この母親は21歳で5歳の子持ち^_^;

 事件自体は、まぁ、毛唐のすることですから^_^; でも、せめてマタヨンに進むくらいになっていないと面白くないんじゃないのかなぁ(_゚☆\ ベキバキ

 趣味は人それぞれか?(_゚☆\ ベキバキ

 

 

*    *    *

 

 マタヨンに進んだお子でも……^_^;

 

昼休みの女子高生買春、保健所職員逮捕

 東北部ロイエット県警察は7月23日、複数の女子高生を昼休みに学校から連れ出し、ホテルで買春していた男を逮捕した。

 

 逮捕されたのは地元保健所職員のデンポン・ソムサオ容疑者(52)。同容疑者はこれまでに何度も複数の女子高生を相手に買春を繰り返していたが、生徒の1人が妊娠して親に相談したことから犯行が発覚。同日午前1150分ごろ、女子生徒3人を迎えに車で学校までやって来たところを張り込んでいた警官に逮捕されたもの。

 

 女子生徒には、売春1回につき1,500バーツが支払われていた。

 

◎シチュエーションとしては、非常にそそられますが^_^;

 それにしても、昼休みに学校から連れ出してホテルへ行くとは大胆ですよね。それも4Pですか?(_゚☆\ ベキバキ

 保健所職員と言えば、公務員。給与はそんなに良くはないと思うのですが、何か効率の良い副業を持っていたのでしょうか?

多いです、カトゥーイ(กระเทย = オカマ)。現実にはやはり偏見や差別もあるのですが、でも彼ら(彼女ら)は、ごく普通に生活しています。ちゃんと仕事もしています。縫製とか美容・理容関係に多いですが、ホテルとか食堂とかにも多いです。

 チェンマイのホテルではベルがカトゥーイで、部屋でティップ渡したらギュッと手を握られて、可愛らしく「こっぷくんかぁ」と言われたことがあります(^.^;

 コンケーンの空港で時間潰しに入った食堂では、かいがいしくテーブルの片付けとかをしていたのがカトゥーイでした。黙々と働く姿は美しかったのですが、化粧の下から髭が伸びていたのにはちょっと幻滅しました(^.^;

 美容室へ入れば、美容師で女性ではないのはたいていカトゥーイです。

 

 予備軍というか何というか、学校にも多いみたいですね。パタヤのニューハーフキャバレー“ティファニー”で行われる「ミス・インターナショナル・クイーン」の昨年の優勝者も国立カセサート大学20歳の女子大生でした(^.^;

 

91ade984jpeg

 

 ま、こんなに可愛い子なら過ちを犯してもいいかなぁ? なんて思いますが(^.^;

 

 しかし、これだけ数が増えてくると、いろいろと問題も発生してくるようで……

 

タイの性転換学生、寮やトイレが問題に

 タイの一部の大学が性転換者の入学を拒否したり、スカートの着用や化粧を禁じている問題で、ブンルー副教育相は6月6日、実態調査を行い、大学側に適切な対応を求める考えを示した。大学側は、女子寮の利用やトイレの使用などについて問題が生じていると主張している。

 

と、タイラットで報じていたそうです。各地の大学でカトゥーイは珍しい存在ではないようですが、中でもチェンマイ大学コンケーン大学等には数百人単位で在籍していると言うことです。

 

 大学にこれだけいると言うことは、もちろん高校にもいるということで(^.^;、思い出すのはオカマのバレーボールチームの映画「アイアンレディース」。Ⅱのシーンで、オカマの高校生が自転車に乗って周りに愛嬌を振りまいているシーン。

 

il01.jpg

 風車がお茶目ですね。

 

il02.jpg

 教室の中でも人気者です(^.^; それにしても左側の女の子、ちょっと可愛くないですか?(*^^*)

 

il03.jpg

 休み時間も人気者でした。

 

 ところが、上述のような問題(トイレなど)も生じている訳でして、

 

中学・高校に女装生徒用トイレ

 タイ東北部シーサケット県のカムペーン中学・高校が女性を装う男性(タイ語でカトゥーイ)生徒用のトイレを作り、話題を呼んでいる。同校は生徒数約2600人、うち男子生徒1000人の1割以上がカトゥーイ。同校では、「カトゥーイ生徒の専用トイレは中学・高校レベルでは初めてではないか。必要性については、生徒教師ともに理解しており、問題はない」と話している。

 

と、言う学校も現れたそうです。

 いよいよ以て、市民権を得てきたと言うところなのでしょうか。

 

 しかし、100人以上のカトゥーイのいる高校ですか……(^.^;


【写真の具合が良くないですね。クリックすれば表示はされますのでm(__)m】 

 毎日新聞の続報と、讀賣新聞の関係記事とをお送りします。

 

*    *    *

 

八千代西高校の入学式問題

県教委、「やむを得ぬ」と結論/千葉

417161分配信 毎日新聞

 

 ◇入学金徴収方法検討も

 八千代市の県立八千代西高校で8日あった入学式で、新入生2人が「入学金の未納」を理由に入学式に出席できなかった問題が16日の県教育委員会(6人)の定例会合で取り上げられ、出席した5人の委員は「規則にのっとった措置で、やむを得ない」などと結論付けた。問題の背景になった入学式当日の入学金徴収については、「他県の状況を確認しつつ、手続きの変更も検討したい」とした。

 同高では入学式当日、男女各1人の新入生が現金で支払うことになっていた入学金や教材費など計9万円を持参しなかった。学校側は入学式の参加を認めず、2人に別室で待機するよう指示。2人は同日中に支払いを済ませ、入学を許可された。

 県教委教育総務課によると、会合では委員から「学校長の判断を支持する」「対応は適正だった」などの意見が出たという。

 県立高校の入学金納付は、使用料及び手数料条例に基づき、入学式当日に現金で納付することになっている。今回のケースでは、納付できないことが分かったのは式直前で、学校側は「苦渋の選択だが、正当な判断だった」と説明している。

 一方、他県では、入学金は事前に納付することが多い。埼玉県では入学月の月末(4月入学なら4月末)。東京都では合格発表から5日以内、神奈川県では7日以内に金融機関を通じて支払う。同高の関係者は「そもそも当日に現金で支払うシステムでなければ、事前に何らかの対応ができた」と話している。

 県教委にはこの問題について、電話が約100件、メールが145件寄せられた。学校の対応について、賛否両論の意見が寄せられているという。

【神足俊輔、中川聡子】

 

4月17日朝刊

*    *    *

 

「入学式当日に学費現金納入」

県立高の制度・運用に問題も

41733分配信 読売新聞

 

 千葉県八千代市の県立八千代西高校(生徒339人、大迫太校長)が入学料などを納めていない新入生2人を入学式に出席させなかった問題で、学校側が未納を把握したのは、式の1時間前だったことが16日、わかった。

 

 2人は保護者と連絡を取るなどして当日に納めたが、式には間に合わなかった。式当日に入学料などを現金で納める制度は千葉県のほか12道県にあるが、猶予期間を設けるなどしている例が多く、学校、生徒側ともに余裕を持った対処のできない制度や運用が問題になりそうだ。

 

 千葉県では県立高校の入学料(5,650)や教科書代などを合わせた入学金を式当日に納入する。八千代西高では、3月上旬の合格通知に同封した文書と、同月中旬の説明会で計9万円の納入が必要と説明し、分納も可能と伝えていた。

 

 2人が入学金を持参していないことを学校側が知ったのは午前9時ごろ。県教委によると、入学料が未納でも校長が個別事情を考慮して入学を許可できる。だが、大迫校長は、生徒や保護者とやりとりをするなかで「滞納の可能性がある」と判断。入学許可を出さないまま出席させることも検討したが、他の生徒が名前を呼ばれて起立する中で2人は座ったままという状況を避けるために見送った。

 

 2人のうち男子生徒は式直前に保護者へ電話。保護者は「後で払う」と答えたが、すぐには校長らに伝わらなかった。結局、式終了後の午前11時ごろに届けられた。女子生徒の保護者は2万円の分納を同校と合意しており、学校側は「何とか今日中に」と、来校していた保護者に求め、午後5時すぎに納められた。

 

 須藤信夫教頭によると、同校は県内でも授業料の滞納が多く、毎月10通以上の督促状を送っていたため、厳しい判断をしたという。須藤教頭は「交通トラブルなど未納の具体的事情が把握でき、納入の確証が得られれば入学を許可していた。事前振り込みなら対応の余裕があった」と話す。

 

 当日納入制度を持つ、千葉県を除く12道県のうち、山口県は条例細則で、納入は「入学後5日以内」としており、担当者は「(式に出席させないことは)想定していないし、規則上もあり得ない」とする。秋田県では15日以内、愛知県でも入学後20日までの猶予期間がある。

 

 千葉県と同様に猶予期間がない栃木県の担当者は「親の経済問題と生徒の学ぶ意欲は別次元。生徒に配慮した対応をしたい」と話す。一方、山梨県教委は今回の事態を受け、入学式当日に納められないケースの対応策を検討し始めた。

 

 長崎県佐世保市の県立佐世保工業高校定時制(143)で、入学金を持参しなかった男子生徒2人を8日の入学式に出席させず、別室で待機させていたことがわかった。

 

 同校によると、新入生43人のうち2人が、4月分の授業料などを含む入学金63,000円を持参しなかった。2人は未成年で、保護者と学校側が話し合い、分割で全額納めることで合意。式後に教室で開かれたオリエンテーションには2人とも出席したという。

 

 辻法行教頭は「生徒にはつらい思いをさせたが、学校としても苦渋の決断だった」と話している。

 

 県教委によると、「入学金は入学時に支払う」と条例で規定されており、「事前に説明会を開くなどしており、やむを得ない措置だった」(高校教育課)としている。 

 

*    *    *

 

 例えば、滞納率が高いと校長は責任を問われるんでしょう。ですから、学校長も慎重になるのは仕方ないですよね。

*    *    *

 

入学金未納

生徒を隔離したのは間違いだ

 

 千葉県の県立高校が、入学式当日に納付を定めていた入学金などを持参しなかった男女生徒2人を式に参加させなかった。2人の保護者は遅れて全額あるいは一部を納め、2人は入学を認められたが、式には出られなかった。

 

 問題の側面は二つある。一つは、第一義的に保護者の責任である問題で学校側が子供を式や他の新入生たちから隔離するような措置を取ったこと。もう一つは、今回に限らず、例えば義務教育段階でも給食費未納が全国的に見られることに相通ずる問題である。すなわちルール無視の風潮だ。

 

 学校は3月の説明会で入学予定者の保護者たちに、全額納付が難しい場合は分納が可能で、事前に相談するようにと知らせていた。

 

 一方、式参加を拒まれた男子生徒の保護者は「後で払う」と電話で答えたが、学校側は「滞納の可能性がある」と式参加を認めず、納付金全額が届けられた時には式は終わっていた。女子生徒の場合は、保護者の相談であらかじめ分納を認められていたが、その納付金がなかったので式参加を認めなかった。お金は夕方届けられたという。

 

 今回の判断について校長は「授業料滞納が目立ち、未納は負担の先送りと思った。苦渋の決断だったが、当然の判断だったと思っている」と説明する。

 

 既に学校に授業料滞納がある状況で、新入生の保護者に「後で」と言われても「これもやはり未納か」と疑い、毅然(きぜん)とした態度でルール厳守を求めよう--というのは一理ある。だが、それはまず保護者に働きかけるべきことであり、説明会で通告していたとしても、ただ一度しかない入学式の前で子供に「足止め」をかけるような措置をするのは誤りだ。これに関して子供には何の非もない。

 

 だが、その誤りを批判するだけでは今回の問題を教訓として生かしきれまい。

 

 近年の全国の給食費未納問題など、払えない正当な理由がないのに「踏み倒し」同然に支払いを拒否したり、学校に食ってかかる保護者の問題が広く指摘されている。さらには、無理難題を浴びせる「モンスターペアレント」も教員を悩ませる。一方で所得や地域格差で経済的に疎外された家庭が増え、教育経費を負いきれないという例も多く指摘されるようになった。

 

 各学校がすべて個別に問題を抱え解決を図るのでは、限界がある。例えば、一定範囲の地域、教育委員会の管内などで各公的機関が連携し、事態の把握や利用しやすい相談窓口の設置、不当な不払いに対する迅速適正な措置などができるようにしてはどうか。

 

 学校も保護者・子供も、孤立するとえてして極端な手法を選択しかねない。

 

 子供を一時的にしろ引き離した今回のケースは、それを示唆している。

 

毎日新聞 2008年4月15日 東京朝刊 社説 

 

*    *    *

 

 質問:毎日新聞社は、「今は払えないけれど、後で払うから」と言う定期購読の読者に対して、配達を続けるのでしょうか。

 また、駅の売店で「明日払うから、今日は勘弁して」という客に対して、新聞を渡させるのでしょうか。

 

 少なくとも義務教育ではない高校の入学式で、「当日持参せよ」と通知してある入学金が納められていなければ、式に出席できなくても当然ではないでしょうか。誰に文句を言う筋合いでもないと思いませんか。

 

 また、当該社説の最後では、

 

学校も保護者・子供も、孤立するとえてして極端な手法を選択しかねない。

 

とありますが、今回、八千代西高の執った措置が極端な手法だというのでしょうか。当然の措置であって、格段特別な措置であったとは考えられません。「入学金の納入がなければ、入学は認めない」→「納入しなかった」→「式には出席させない」と言うのは、当然のことです。

 りんごさんもコメントで仰っていますが、「それでも入学を認めていただき、ありがとうございます」だと思います。

 実際、当該保護者の発言は発表されていないようですが、いったいどういう考えでいるのか聞きたいところです。

 

 朝日新聞が「ちょうにち新聞」に凋落した今、時に面白い記事が載ると、特に外出先では選んで購読していた毎日新聞ですが、朝日同様、今後一切手を触れないようにしたいと思います。

 

 八千代西高には激励のメールを、法政大学毎日新聞社とには抗議のメールでも出しましょうか^^;

 入学金未納生徒を入学式に出席させなかった事件の記事を引用したのは毎日新聞からでした。その毎日新聞が、当該事件を社説に取り上げました。

 いただいたコメントの後に、別記事で当該社説を全文転載します。

 

*    *    *

 

=奥道さん 2008/04/14(Mon)21:41:10 「無題」

 

良太さん、初めまして。

 

 ようこそいらっしゃいました。今後とも、どうぞご贔屓に。

 

この件ですが、おそらく「県の公立高校教職員組合」の連中がマスコミにたれ込んだんでしょう。

 

 はは♪ タレコミですか() いやいや、そんな立派なもんじゃありません。単なるチクリ告げ口ですね。

 なんとか上にケチを付けようと、悪あがきをしているとしか思えませんね。

 

物を買ったらお金を払うのは当たり前ですが、入学したいなら、入学金を払うのは当然です。

 

 そのとおりです。いったい、それのどこが間違っているのでしょうか。

 

金も払わず、ごねて入って踏み倒そうなんて許せません。

ですので、この学校の行った処置は「当然のこと」です。

 

 まあ、今回の2人の生徒の保護者が、果たしてそこまで考えていたかは疑問です。しかし、ことは普段の授業料などではありません(勿論、授業料なら良いなどと言う気持ちは毛頭ありません)。人生の一大事である、入学手続きではないですか。親なら、それぐらいは借金してでも整えてやらなければならないんです。本来、分納をお願いするなんてことすら、もってのほか。だと思わなければならないことなのです。親の考え方が甘えきっているとしか言いようがありません。

 

組合や評論家の話に踊らされる県民や、保護者がバカに見えてしまいます。

 

 本当です。京淫組合、もとい()、教員組合には発言の真意を聞きたいですね。因みに、千葉県の高等学校教職員組合(http://www.ckk.gn.to/)のページでは、現在のところ、この件に関しては一言も触れられてはいません。もっとも、ページ自体が1年近く更新されていないような状態ですけどね。現時点では、20070512日更新」となっています()

 難癖の付けついでに言わせてもらえば、トップページには「千葉県高教組」とはありますが、正式名称の記載が一切ありませんね。まさか、「千葉県高教組」が正式名称なんてことはないですよねぇ?

 

すみません、突然のコメントで。

 

 いえいえ。今後とも、コメントをいただければ幸いです。

 

 

=りんご 2008/04/16(Wed)15:28:32 「まったくです」

 

こんにちは

 

 毎度です。もう、雪は消えましたか?

 

良太さんの仰る通り骨のある学校の対応だと思います。しかも最終的には入学させている寛大さ!

 

 そのとおり! 当該生徒の保護者は、「入学させていただきありがとうございます。寛大なご処置に感謝申し上げます」でしょう。

 

一部だけを誇張して過程を省略するマスコミも恐ろしいですね。

 

 本日引用した毎日新聞社説には開いた口がふさがりませんよ^^;

 一部では学校側に同情的な記述も見られますが、「出席させなかったことは問題だ」と言い切る姿勢は疑問です。

 

法政大学は授業料無しなのですね(爆)

画期的ですね、無料の私立学校は。。。

 

 毎日新聞は、購読料を取らないらしいです()

 

*    *    *

 

 今日は、日本発のニュースです。コレって、やっぱりスキャンダル?^^;

 まずは記事からご覧ください。

 

*    *    *

 

<入学式>入学金未納の2人、出席させず
千葉県立高

4月13日2時31分配信 毎日新聞

 

 千葉県八千代市の県立八千代西高校(大迫太校長、339)が、入学金未納の新入生2人を入学式に出席させなかったことが12日分かった。大迫校長は「授業料滞納が目立ち、未納は負担の先送りと思った」と話すが、県の公立高校教職員組合は「非教育的対応」と批判している。

 

 県教委と同高によると、新入生159人に、入学金、教材費など9万円を8日の入学式に持参するよう求めていた。男女各1人が「お金が用意できない」などと持参せず、式直前、校長がそれぞれの担任に別室での待機を指示した。2人は約40分の式の間、教室と会議室で待機した。

 

 男子生徒は式前に学校の指示で母親に「入学金を払わないと式に出られない」と電話で事情を説明。母親は「後で払う」と答えたが、学校側は「滞納の可能性がある」として出席させなかった。母親は午前11時ごろ、9万円を持参して学校を訪れたが、式は終わっていた。その後、生徒は校長室で氏名を読み上げられ、「入学を許可する」と伝えられた。

 

 女子生徒の母親は午後5時ごろ、2万円を学校に持参し、同様に入学を許可された。

 

 大迫校長は「入学式当日に必要なお金は3月の説明会で伝えている。経済的問題があれば相談するよう話した。苦渋の決断だったが、当然の判断だと思っている」と説明。県教委指導課の田山正人・主任指導主事は「保護者と生徒にはつらい思いをさせてしまった。事前に入学金についての十分な説明をしており、学校としてはやむを得ない判断だったと思う」と話している。

 

 教育評論家の尾木直樹・法政大教授(臨床教育学)は「極めて機械的、官僚的対応。学校側は2人だけではなく、生徒、保護者に謝罪すべきだ」と話している。【神足俊輔】

 

*    *    *

 

 このニュースは、出勤途中の車内で聞きました。このときは、「当たり前じゃん。必要なカネ納めなければ入学許可にならないなんて」と思いました。私立学校であれば、事前に定められた期限までに必要な金員とともに手続きをしなれば、当然入学許可は取り消されます。

 八千代西高側は、自然の入学者説明会で「式当日にこれだけ持ってきてね。もし、経済的に苦しかったら、事前に相談してね」と伝えているそうです。ものすごく親切だと思いませんか?

 ハッキリ言って、親が甘えていると思います。こういう輩が、後々未納問題を引き起こすのでしょう。八千代西高側が執った「未納なので、式には出席させない(入学は認めない)」という措置は、当然のものだと思います。

 

 ところが、教職員組合は「非教育的対応」と八千代西高側を批判し、法政大学教授と称する尾木直樹なる教育評論家は「機械的、官僚的対応。生徒、保護者に謝罪せよ」などと話しているとか。

 バカな組合に、バカな教授じゃないですか。

 法政大学は、所定の入学手続きをしなかった受験生でも、入学式に来たら入学を許可するのでしょうか。この尾木なる人物は、以前「“女王の教室”は印象に残る良い番組」というコメントをしたことがあり、このときにはなかなか骨のある人物だと思っていただけに、今回の発言にはがっかりしました。

 

 だいたい、必要な対価を支払わないと言うことが社会では認められるのでしょうか。そう言うことはダメなんだよと教えるのが学校ではないでしょうか。

 公立の学校ですから、入学することは権利の一つであるのかもしれません。しかし、その権利を主張する前に、きちんと義務を果たすべきではないでしょうか。いったい何を考えているのか分からない、こんなバカ親に育てられる子どもが可哀想ですね。

 

 近年稀見る毅然たる対応をした八千代西高に対し、バカな主張をする教職員組合に大学教授が、とても哀れに思えました。

 もまいら、もっとましな主張をしる!^^;

 

 いやぁ、千葉の学校、なかなか立派です(^.^)v

 おバカな事件連発のタイです(^.^;

 

=======

 

集団暴行容疑で14歳から15歳の少年5人を逮捕

 

 3月9日夜半、サムットプラーカーン県県都の警察当局は、16歳の少女に対して集団で性的な暴行を加えた容疑で、14歳から15歳の5人の少年を逮捕し、逃走中の2人の行方を追っていると発表した。

 

 保護された少女によると、暴行した集団のうちの1人の男に展示即売会に行こうと誘われ、待ち合わせ場所で合流した男の友人等と共にバイクで即売会会場に向かっていた。途中、突然進路を変えて道路脇の人気の無い草地に連れ込まれ、そこで待ちかまえていた2人の男を加えた合計7人に代わる代わる乱暴された。全員が終え、再度代わる代わる乱暴されている最中に、付近をパトロール中に悲鳴に気付いた警察官や応援要請で駆けつけた署員等によって救出されたという。

 

◎タイにはありがちなニュースです。少女も少女です。高い授業料と考えるしかないのでしょうか。

 

 

ニューハーフ死亡、原因は痩身薬やホルモン剤か?

 

 3月10日昼前、バンコク・ラーチャテーウィー区にあるプラチナム・ショッピングセンター内の皮革製品を扱う店舗内で、24歳のニューハーフ男性が死亡した。

 

 死亡した男性の同僚女性(21)によると、男性が店内で新聞を読んでいる最中に、突然激しい息切れと、全身痙攣を引き起こし床に倒れ込んだという。

 当日、男性は遅刻して店に現れ、その際、今日は気分がすぐれないと同僚に語っていた。

 警察は、男性が所持していた女性用ハンドバッグの中に、痩身用の薬と女性ホルモン剤とが入っていたことから、男性が美容の為に常時服用していた、これらの薬剤が死亡の原因になった可能性が高いと見て、司法解剖を行い死因を特定したいとしている。

 

◎この手のクスリ絡みと思われるニュースを見聞きすると、李小龍(ブルース・リー)を思い出します。

 なお、このプラチナム・ショッピングセンターは、ペブリタットマイ通りのアマリプラトゥーナムホテルとラチャダムリ通りを挟んだ所にあるショッピングセンターだと思います。

 

 

1,400バーツの代償は1,000万バーツ

 

 17歳の少年少女が遊ぶカネ欲しさに高圧鉄塔のボルトを盗み、これが原因で鉄塔が倒壊するという事件が起きた。

 

 タイで初めてとなる事件の現場となったのは、バンコク都内ノンジョーク区。3月8日、少年3人少女1人が容疑者として逮捕された(1人は、現在逃走中)。この5人は友人同士であったが、家が貧しいため学校には行かずに父母の仕事を手伝っていた。

 ある時、遊ぶ金を得るために、家から少し離れたところにある高圧鉄塔のボルトやナットを取り外して売ることを思い付いた。皮手袋と潤滑油などを用意して4基ある脚部のうち1基のボルトなどを盗み、それを鉄くず店に売却したところ1,400バーツになった。

「こんなに簡単にお金がもらえるんだ」と気をよくした5人は、残りの3基のボルトも可能な限り取り外すことにして、今月7日、5人全員で作業を行っていたが、その最中に高圧鉄塔が倒壊してしまったもの。

 驚いた5人はそのまま逃走したが、翌日、容疑者の1人が逮捕されたことで、残り4人のうち3人が保護者に付き添われて自首した。

 

 タイ発電公社によれば、高圧鉄塔からボルトなどが盗まれる事件は全国的に起きているが、倒壊にまで至ったケースは今回が初めてという。また、今回の補修のためにかかる費用は1,000万バーツを超えるとのことで、同公社では、現在容疑者および保護者に賠償請求をするかどうか検討しているとのことだ。

 なお、今回の場合、最悪バンコク都内の3分の1が停電となる可能性があったという。

 

◎今回のタイ・おバカニュース大賞を進呈したいニュースです。それにしても、タイ人は賢くないとは思っていましたが、ここまでおバカであると、逆に可愛らしくなってきますね。

 場所はどこかと言えば、バンコク都内とは名ばかりのノンジョーク区。都心から見て、ミンブリのさらに奥になります。

 

========

 

 相変わらず、タイらしい事件が続いています。

 

========

 

美人女子大生を追跡しながらイキ、逮捕

 

 歴史遺跡の多いアユタヤ県で3月5日午前9時ごろ、自慰行為をしながらオートバイを運転して女子大生を追いかけていた男が警官に逮捕された。

 

 犯人は同県内の工場に勤務するクナコン(23)。夜勤を終え、朝食のお粥を買うためオートバイを運転していたところ、オート三輪タクシー(トゥクトゥク)に乗っている女子大生ファーさん(仮名、18)の姿が目に入った。

 ファーさんは容姿端麗なうえ、短いスカートの学生服を着用していたことで「その白い脚を見ているうちに性欲を抑えることができなくなった」とクナコンは自供している。

 そのため、クナコンはオートバイを運転しながらズボンのジッパーを下げ、男性器を露出させると自慰行為を始めた。しかも、ファーさんの乗っているオート三輪を追走し、その様子を見せようとしたという。

 その後、目的地に着いたためファーさんがオート三輪を降りたところ、クナコンもオートバイを降りて追いかけてきて、目の前で射精。このため、身の危険を感じたファーさんがたまたま近くを通りかかった警官を大声で呼んだことから、この変質者は逮捕されることになった。

 

◎後先を考えないタイ人とは言え、単に三面記事のネタを提供しただけに終わった容疑者が不憫ですね。せめて、イケたことだけが救いでしょうか?(_゚☆\ ベキバキ

 

 

女子中学生と若い僧侶がHi5で“出会い”!?

 

 女子中学生がネットで知り合った若い僧侶の僧房に寝泊りしたことで、女子中学生の保護者が3月5日、警察に被害届を出した。

 

 チャイヤプーン県内の中学に通うコップちゃん(仮名、15)は、コンケーン県の寺院で修行している若い僧侶(22)と若者に人気のウェブサイト「Hi5」で知り合い2か月間にわたりチャット。そして、その僧侶から「寺に来ないか」と誘われたため、コップちゃんは快諾。3月2日、両親には「先生にレポートを出しに行く」とウソをつきコンケーン県の寺院へと向った。

 その後、その僧侶の寺院に寝泊りしながらもまったく両親には連絡しなかったため、コップちゃんの保護者は「犯罪に巻き込まれたのでは」と青くなって知人宅などに電話をしたが、所在を確認することができなかった。

 そうこうするうち、「コップちゃんは若い僧侶といっしょに住んでいる」との噂が流れたことから、両親が部屋の中を調べてみると、若い僧侶の写真や住所などが見つかった。

 そのため、すぐにコンケーン県の寺に行ったところ、噂通りコップちゃんがその寺院で見つかった。

 

 コップちゃんと僧侶はともに「性的な関係は何もない」「ただ、会いたかっただけ」と口を揃えるが、両親は、「僧侶の行いが破戒行為に当たらないかどうかを徹底的に調べてほしい」と警察に訴えている。

 なお、地元でこの噂の広まったコップちゃんは「もう恥ずかしくて学校には行けない」ということで、ウドンタニー県の学校に転校することになった。 

 

◎僧侶とは言えタイ人なんですねぇ。しかし、この一件はこれだけでは収まらず、Hi5自体にまでも飛び火しそうです。

 

 

首相府大臣、SNSサイトを緊密に監視要請

 

 チャクラポップ首相府大臣は3月4日、僧侶による不適切な利用があったとして、ソーシャル・ネットワーク・サービス“Hi5”を緊密に監視するよう情報通信技術省に要請したと明らかにした。

 

 問題となった事件は、前日夜半コンケーン県県都内で、23歳の僧侶がHi5を通じて約2週間前に知り合ったチャイヤプーム県内在住の15歳の少女を寺院内の僧坊に誘い出し性的な乱暴を加えた容疑で逮捕されたというもので、保護された少女は数日前から僧坊内で寝起きしていたという。

 

 チャクラポップ大臣は、仏教の権威だけでなく仏教を信仰する国民をも傷つけた極めて残念な事件であると指摘した上で、既に情報通信技術省に対してHi5を緊密に監視し同様な犯行を防ぐための対策を講じるよう要請した。

 

 なお、アクセス遮断措置を講じる可能性に関しては、遮断による効果や影響を勘案した上で検討すると語り、現状では即座に遮断措置を講じる考えはないことを明らかにしている。

 

◎だそうです。某所でも一時期話題なって、“お友だち”から削除されたの、接続拒否されたのと、悲喜こもごもの方もいらしたようですね(^^;

 

 

公園の売春婦、買春客に車内で乱暴される

 

 2月22日午前8時ごろ、バンコク在住の室内装飾デザイナー、ソムサック(35)が強姦・銃器不法所持など複数の容疑で逮捕された。

 

 同容疑者は2月19日午後9時30分ごろ、バンコク都内ルンピニ公園の周りで売春をしていたエーさん(28、仮名)に声をかけ、料金800バーツ、近くのルアムルディー・ホテルを利用することで交渉が成立した。しかし、エーさんが、容疑者の車に乗り込んだところ、ホテルとは違う方向に走り出し、人気のない道で停車。そこで、容疑者はエーさんを強姦した後、携帯電話と現金1600バーツを盗み、まだ服を着ていないエーさんを車から降ろすと逃走した。エーさんはその後、泣きながらルンピニ警察で被害届を出した。

 

 被害届を受けた警察がすぐに事件現場周辺で聞き込み調査をしたところ、たまたま容疑者の車種とプレートナンバーの一部を覚えている証人が見つかったことで、容疑者の家を突き止め、逮捕することに成功した。同容疑者の家からは改造銃が多数押収されたほか、エーさんの携帯電話も見つかった。

 しかし、今のところ、容疑者は容疑を否定。買春の事実は認めたものの、「車内で喧嘩をしただけ」「勃起せずに行為に至らなかった」と強姦容疑は否定している。

 

 なお、エーさんによれば、「都内のデパートに勤めているが、給料が安いため、副業としてルンピニ公園で売春していた。でも、まさかこんなひどい客に会うとは思ってもいなかった」と話している。

 

◎大変失礼ながら、“泣きながらルンピニ警察で被害届を出した”のくだりでは、思わず吹き出してしまいました。公園で客をひくとなれば、それなりのリスクはあるものとして対処しなければならないでしょうに……。

 

========

 

 

 春一番が掃除したてのサッシの窓に
 埃の渦を踊らせてます……

(「微笑がえし」 阿木燿子・詞より)

 

   昼前までは穏やかな日だったのに、急転直下、とんでもない天気となった関東地方でした。気象庁は春一番を発表しましたね。

====今日のコメント====

=ピンクのドゥさん 2008/02/10(Sun)19:29:29 「無題」

 毎度です。ピンクが付きましたか(^.^;

この事件エグイですね!いくらタイっていっても考えられないですね?サルより始末が悪すぎます。エテコさんゴメン!!(笑)

 まぁ、タイ人のすることですから……(^.^;

=パタヤ・バタフライ会さん 2008/02/21(Thu)16:10:35 「無題」

 遠くからはるばる、ありがとうございます。

やっぱ旧正月は月餅ですよね。香港人とこの話をしたら、月餅は9月だけとか言われました。でも、シリコン・バレーにすんでいた頃に2月に月餅をお祝いにふるまうらしく、おこぼれを中華系インドネシア人からもらいました。

 やはりメインは中秋ですよね。
 自分は8月はタイにいることが多いですが、9月が近づくにつれ街に月餅が溢れてきます。ドンムアンだった頃はよくアマリエアポートに泊まりましたが、空港への連絡通路(現在は封鎖されています)に出ているホテルのカフェテリアのショーケースに月餅が並び始めると「秋だなぁ」(笑)って思ったものでした。

この時期は月餅は高くなるらしいです。中にはUS$100もするような月餅もあるそうです。

 そうです、値段も上がるんですよ。普通に街で売っているのでも、数百バーツの値段を付けている物もありますからね。

でも、月餅はドゥリアンでなくて小豆がいいです。僕は甘党です!

 自分もトゥリアンの加工品は好きじゃないです。トゥリアンはそのまま食べるか、カオニャオと併せるのが一番です。
 トゥリアン羊羹を食べたことがありますが、ちょっとゴメンしてもらいたいシロモノでした。
 因みに、今日のイオンでは3,000円でした。>トゥリアン
 あまり匂わなかったので買いませんでしたが。

タイも経済が発展してきていて人々の暮らしも豊かになってきていることもあって、風俗にも外国人が流れ込んできているのでしょうか。ラオス人ならタイ語も何とか話せるでしょうから風俗店にとっては狙い目なのでしょうか。

 あの辺で働くには問題ないタイ語が喋れますね(^.^;
 まぁ、タイでは以前からボーダーの風俗には周辺外国人が結構いましたけどね。

そういえば喫煙しない僕にとってはパブで禁煙になるのは嬉しいことです。いつもバンコクで飲み屋に行くと服が煙り臭くなって困っていました。

 もう実施になっていますね。
 私にとっては辛い規制です(^.^;

それにアレルギーなので煙はちょっと苦手なんです。でもタニアやゴーゴーとかも禁煙になるのでしょうか?また、バービアは室内ではないので禁煙にはならないのでしょうか?愛煙化の方申し訳ありません。

 アレルギーは辛いですね。
 でも、そう言う場がお好きなんですよね。辛い所ですね。

やっぱ室内全面禁煙のカリフォルニアは住み心地がいいです。

 これで、どなたのカキコか分かりました(^.^;

========

児童性的虐待容疑の米国人を逮捕 

 プーケット県の観光警察当局は2月13日、児童に対する性的虐待の容疑でアメリカの連邦捜査局(FBI)から身柄を追われていたアメリカ人の男(42)の身柄を、同県県都内の民家内で拘束したことを明らかにした。身柄を拘束した当時、男は麻薬で意識朦朧の状態だったという。

 この身柄拘束は連邦捜査局側からの逮捕協力要請を受けたもので、男は偽造旅券でタイに入国し、時に名前を変えたり、追っ手から逃れる為に男性とも女性ともつかぬ装いに変装しながら潜伏生活を送っていたと見られている。

 意識回復後に行われた取り調べに対して、男は身柄を追われていることを認めた上で、昨年8月末頃からバンコクにある語学学校で英語教師として働いた後、プーケット県内にある企業でマーケット部門のビジネス開拓担当副マネージャーとして働いていたと証言しているという。

◎結構、タイへ逃げ込んでくるこの手の容疑者って多いですね。タイなら捕まらないとでも思っているのでしょうか? 


豪女性がタイ人男に乱暴されたと訴え パタヤ

 2月17日、25歳のオーストラリア人女性がチョンブリー県パタヤ地区の警察署を訪れ、タイ人の若者グループに2回に渡って性的な乱暴を受けたと訴えた。

  女性によると、パタヤ地区内のある娯楽施設で知り合ったタイ人の男に誘い出され、線路近くにあるビルが連なって建てられているような建物内で乱暴され、その後更に加わった2人の仲間に再度乱暴を受けたという。

◎25歳にもなって……、としか思えないのは私だけでしょうか?


13歳少女、17歳男に乱暴され妊娠

 少女によると昨年11月中頃に、知り合って間もない男に友人の家に遊び行くと言われ人気のない家に連れて行かれた。友人は用事で出かけているのだろうと言われ、家に上がり込んだところで男に力づくで乱暴され、事後に男から他言した場合は仲間が徹底的に暴行することになると脅迫された。その後も目眩や吐き気を催す状態になるまで乱暴を受け続けていたが、最終的に腹部の異変に気付いた叔母が医師のところに連れて行き、男に乱暴を受け妊娠していることが判明した。そのため、今回の訴えになったという。

  2月16日、13歳の少女が叔母(24)に伴われサムットプラカン県県都の警察署を訪れ、17歳の男に性的な乱暴を受け妊娠させられたと訴えた。少女は既に妊娠3ヶ月だという。

◎どういう経緯で知り合ったのか興味があります(爆)

========

 

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
最新コメント
[04/25 永江聡]
[03/16 aey]
[03/16 aey]
[06/24 Kozy]
[06/19 けんさん]
[02/27 たかし]
[11/16 永江聡]
[07/31 そちんだ]
[07/31 マイサイ]
[07/27 そちんだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ryohta Sochinda
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]