忍者ブログ
チェンマイ素人学(風俗)専攻の良太ソチンダです。タイの風俗に関する話題を中心に、日記感覚で気軽に更新していく予定です。 外道士族の方々のコメントをお待ちしています。なお、お店の紹介や女の子の仲介などはできません。
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  今日は、真面目に「タイ地名考」です(^ ^;

===今日のコメント===

=コンさん

  いやぁ、写真大きくなるんですねぇ(^ ^; 知りませんでした。最初に古い名刺をアップしたときに、クリックできなくて大きくならなかったものですから、ここの写真は大きくならないんだと思っていたんです。今でも、名刺は大きくならないんですが、他の写真は大きくなりますねぇ。いったい何が違うんだか、まだよく分からないです(^ ^;
  なお、早速処理の上再アップさせていただき、コンさんから戴いたコメントは非表示とさせていただきました(削除はしてないですよ)。
  ありがとうございました。今後とも、よろしくご指導のほどお願い申し上げます。

======

「地名」

 そう言えば、最近、プーケット・タウンの呼び方を、プーケット・シティって変えたんですって? そんなことは実はどちらでも良いのですが、ヨソ者から言わせてもらえば、「実際にはシティでも、盛り場とか街という意味で、タウンと使うのありじゃない?」って思います。

 でもこれって、タイ語で言う「ナコーン」と同じような拘りでもあるのでしょうか? (お詳しい方もいらっしゃいますが、あえて簡単に解説させていただくと)ナコーンとはもともと「町」を意味する単語で、いくつかの地名では、あたかも固有名詞のようにも使われています。例えば、「ナコーン・パトム」「ナコーン・パノム」「サコン・ナコーン」「ナコーン・サワン」「ナコーン・ラチャシマー」「ナコーン・シ・タンマラート」……のごとくです。
 あと、日本語としてはあまりそうは言われませんが、アユッタヤーも県名としては「チャンワット・プラ・ナコーン・シ・アユッタヤー」とプラやシまで付いています(チャンワットは県の意)し、北部はチェンマイから車で1時間少々のランパン「ナコーン・ランパン」が駅名となっています。歴史ある街=ナコーンと言う自負を込めてそう呼ぶと聞いたことがあります。

  また、タイの地名に良く付いている「タニー」や「ブリー」も、由緒ある呼び名だそうです。「パトゥムタニー」「ノンタブリー」「ウドンタニー」「ウボンラチャタニー」「スラタニー」、「サラブリー」「シンブリー」「スパンブリー」「ロプブリー」「ラチャブリー」「カンチャナブリー」「ペッ(チャ)ブリー(県名にもありますが、バンコクにもありますねw)」「チョンブリー」「チャンタブリー」そして「プラチンブリー」(^ ^)V (もうないかな?)

  そう言えば、タイの道路の名前って県名(地方の地名)が多いですね。王宮の方を走るタノン・ナコーンラチャシマーは、タノン・スコータイタノン・ピサヌロークと交差したりしています。また、プーケット・タウン(笑)にはタノン・バンコクタノン・ラノーンタノン・クラビーがあったりしますし、タウンのホーナリカーがあるのはタノン・プーケットだったりします(^。^)

  ところで、フェラあり先生にゆかりのチェンライ、そして、このブログのチェンマイ。由来はご存じでしょうか?  チェンは街を意味します。恐らく、語源は中国語の「城=チェン=」でしょう。日本語ではキャッスルを意味しますが、中国語でのもともとの意味は「タウン」。城壁で囲まれた中に街が作られたところから来ているのでしょう。「ライ」はチェンライゆかりの王メンライから、「マイ」はタイ語の「新しい」です。すなわち、チェンライとは「ライ王の街」、チェンマイとは「新しい街」を意味します。もっとも、新しいとは言え、現在では遷都700年を迎えた歴史ある街となっていますが。「ノッパブリ・シ・ナコーンピン・チェンマイ」がもともとの名前であったようです。

  最後にお出ましは「クルンテープ」。言わずと知れたバンコク(行き始めた頃は、“バンコック”と言う発音にノスタルジー感じたりしていましたけど(笑))のタイ語名であり、正式名称がメチャメチャ長いのはご存じのことと思います。日常では「クルンテープ」か、せいぜい「クルンテープマハナコーン」止まりですが。時々「全部言えるよ」という奇特な外人もいますが、実際に言わせてみると妙な節回しでしか言えなかったりします(笑)。それもそのはず、実はアッサニー・ワッサンという歌手グループがクルンテープの正式名称を歌詞にした歌にしていて(結構ヒットしたようです)、その旋律で歌わなければ言えなかったりするんですね(^ ^;

  では、行ってきます(^_^)/~~
  たぶん、帰ってくるまで更新はありませんm(__)m

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
タンボン(町村)にはオボトーという町議会がありまして、何年かに一回町議選があります。このタンボンで一定人口以上を抱えた町(大体がアンパー(郡)の中心地)がテサバーンを名乗り、シティーと自称しているようです。タンボンより多くの予算と自治権を与えられているようです。日本人の感覚だと郡と市は同列なので、町で正解だと思います。アンパーとテサバーンの行政区分が外国人の小生には良く理解できていません。ただ理解できるのは立派な町役場がそこらじゅうにできていることです。日本と一緒の箱物政治ということでしょうか?
コン 2006/10/05(Thu)07:36:10 編集
無題
そういえばチェンライにも城壁の一部が残ってますね。チェンマイはあの城壁のおかげで迷うことは絶対ありません。
 気をつけていってらしゃって下さい。新ネタ期待しております。
フェラあり 2006/10/05(Thu)11:35:49 編集
無題
そういえばアンパーには議会がありません。従ってアンパーは行政、司法のみです。
コン 2006/10/07(Sat)08:04:23 編集
チェンライ・ビーチ
良太さん、皆さん、おはようございます。

初めてチェンライに行った時、トクトクの運ちゃんのチェンさんに「チェンライ・ビーチ」に行こうと誘われて行ったことがあります。あれー!?チェンライって山奥だと思ったのに、海ってあったっけ?などと間抜けなことを考えていました。

もちろん川でした。チェンライの西は考えてみればミャンマーですね。
フェチやま 2006/10/10(Tue)10:04:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
最新コメント
[04/25 永江聡]
[03/16 aey]
[03/16 aey]
[06/24 Kozy]
[06/19 けんさん]
[02/27 たかし]
[11/16 永江聡]
[07/31 そちんだ]
[07/31 マイサイ]
[07/27 そちんだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ryohta Sochinda
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]