忍者ブログ
チェンマイ素人学(風俗)専攻の良太ソチンダです。タイの風俗に関する話題を中心に、日記感覚で気軽に更新していく予定です。 外道士族の方々のコメントをお待ちしています。なお、お店の紹介や女の子の仲介などはできません。
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  台風騒ぎは、一段落した模様ですね。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

===今日のコメント===

=ナナレンジャーさん

  お帰りなさいませ。

貴重な、そしてすばらしい体験ですね。

 貴重は貴重でしょうが、素晴らしいことかどうかは分かりません。決して世間には公にできないことですから(^ ^;
  だったら、こんな所に書き込んでるんじゃない(。_゚☆\ ベキバキ
  失礼しました。

想像しすぎて頭が変になりそうです(笑)

 実際に体験していると、自分のような廃人になってしまいます(^ ^;

90年代、良き時代ですよね~

  80年代の方が“もっと”よき時代だったみたいです。チェンマイまで行ってやっていたことが、苦労せずバンコクでも体験できていたみたいですから(^ ^;

 

=コンさん

初めまして。203号室住人ゲドタイ語担当のコンでございます。301号室へようこそ。ご挨拶が遅れました。またお邪魔します~。

 ブログ初体験で、処女の如く緊張しています(笑)。こちらこそ、よろしくご指導のほどお願いいたします。
  なお、当方のリンク欄に加えさせていただきました。

 

=フェラあり先生

  いつもありがとうございます。

 12歳、胸ナシ、パイパン、ですよねえ。僕は個人的には、「初潮前にヤルのは変態、初潮後にヤルのが正常。」と思っているのですが、どうでした?

  しばらく経って、ボキャが増えてくると「生理あるの?」「いつから?」なんて聞いたこともありますが、この頃はまだそんなことまで聞けませんでした。ただ、体型からすると未だ成らざるではなかったかと思います。
  それでも、初潮前だった子というのは、この子も含め数人に過ぎなかったのではないかなぁ。

 女ってメンスが始まると、なにげない仕草自体が変わってくるのですよ。そうなるとこちらも臨戦体制OKなんですけどねえ。

  継続してお付き合いいただいたことがないもので、自分としては何ともお答えのしようがありません(^ ^;
  しかし、初潮が来たと言うことは、種の保存に関しては一人前になったと言うことですから、より効率的に、より良い雄を確保するための手練手管が働き出すと言うことは充分に考えられますね。

 

=有馬村さん

  初めまして。今後ともよろしくお願いします。

何時も楽しく読まさせて貰っています。

  いやー、お恥ずかしい限りです(^ ^;

昔は本当に良かったんですね、羨ましいです。

  まあ、昔は良かったって言うようになるともう年だそうですから、明るく未来を向いていきましょう(笑)

処で余計なことですけど、
ちょっと前は1Bが10円
少しして一時期1Bが2・5円位にまで上がった
ですよね~。

  なんか混乱してしまったようです。すみません。バーツと円とがごっちゃになってしまいましたね。
  念のため、訂正して時系列で並べてみるとこんな感じですか。

  自分が行く前(1バーツ=10円)→自分が行った時(1バーツ=6円)→通い出して(1バーツ=2.5円)→去年くらいまで(1バーツ=2.7円)→今(1バーツ=3.2円)

  しかし、最高値まで行っていた頃(10年ちょっと前くらいですか)には、両替の度にバーツが増えていくもので、顔なじみになった窓口の人が「スゴイネー」と驚いていました。

 ※本文も訂正させていただきますm(__)m

======

「ホントにチェンマイに行ってから その2」

 (今日)2回目の子がいると言うことは、当然(これから)1回目を済ませる子もいる訳で、是非ともそれを体験したくなってきました。でも、ボリスットだろう? 簡単に斡旋するのかなぁ……

 恐る恐る旦那に
「ボリスットってできるの?」
と言うと、
「できる、できる。欲しいのか?」
「うん」
 これだけでした。何か拍子抜け。

  このときから、基本はボリスット買いになりました。泥沼化の始まりです。以後は、日本での稼ぎは、たまの所用にかこつけては通うチェンマイでの民間援助活動にその多くを吸い取られるようになってしまいました。まさに、ジャパゆき、出稼ぎ状態です(^ ^;

  また、それからは、行く前に電話しておくと、めぼしい子に当たりを付けておいてくれるようになりました。
  そして、時間に余裕があるときには、チェンマイだけではなくチェンライプーケットにも足を伸ばすようになってきたのもこの頃でした。恐らく、チェンマイ以外の地が終焉を迎える時期に出くわしたのではないかと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
ブログ内検索
最新コメント
[04/25 永江聡]
[03/16 aey]
[03/16 aey]
[06/24 Kozy]
[06/19 けんさん]
[02/27 たかし]
[11/16 永江聡]
[07/31 そちんだ]
[07/31 マイサイ]
[07/27 そちんだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ryohta Sochinda
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]