忍者ブログ
チェンマイ素人学(風俗)専攻の良太ソチンダです。タイの風俗に関する話題を中心に、日記感覚で気軽に更新していく予定です。 外道士族の方々のコメントをお待ちしています。なお、お店の紹介や女の子の仲介などはできません。
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 大丈夫なのでしょうか。
  タクシン・チナワッ、最近ちょくちょく国外へ出ていましたが、いない隙に何かなければいいけどって、漠然と思っていました。そしたら、ホントに……  それなりに詳しい人の話を聞くと、このままタクシンが暴れさえしなければ、このまま終息しそうな雰囲気ですが。
 せめて、一般大衆に犠牲が出ないように祈っています。

  今日は、ちょっと一休みして「雑記」です。よろしくお付き合いください。

===今日のコメント===

=フェラあり先生

  いつもありがとうございます。

 僕が初めてチェンライに行った時はまだ旧空港でした。

  街に近くて良かったですよね。なんてったって、歩いても行けます。ただ、ジェット下ろそうと思うと無理があったんでしょうね。それにしても、新しい空港は稲穂が眩しいです。

ロビーに新空港の模型があり、「JAL」と書かれた飛行機の模型もあったので、「新空港には日本直行便も来るのか?」と質問したら、「チャオ」と空港女スタッフが答えていました。(ウソつけ!)

  現実の問題として、成田-チェンマイも撤退しちゃったしなぁ。これは、1度だけ乗りました。その時は成田-バンコクのキップしかなかったので、TGに電話して乗れるか聞いたら「ルートとしてチェンマイまでのキップがあればいいので、国内線のバンコク-チェンマイを買ってください」と言われ、成田でそれを買って乗りました。逆に言えば、バンコクに行くんだったら、そのまま乗れたのかな?
  しかし、搭乗率はメチャメチャ低く、ビジネス3割、エコノミーで5割という感じでした。休航になったのも仕方ないかも。日本からチェンマイに昼過ぎに着けたのって、魅力的だったんですけどね。

 出血の原因は膜破り以外にも色々あります。

  慣れてないから、擦れて傷つくとかなのでしょうか。

要は買った男が一晩ではなく、スムーズなハメハメ可能まで面倒を見てやる、これこそが外道としての最低のエチケットではないでしょうか?

  最低のエチケットすら守れず、申し訳ありません。他の国では、3日とか1週間とか連続で……、という話も聞きますが、チェンマイでは聞いたことがありませんでした。

======

「ケータイ電話」

 そう言えば、この9月1日から携帯電話の番号が1桁増えましたね。って、まだ体験はしていないんですけど。もう手続きなさった方はいらっしゃいますか?  今まで、01-234-5678だったとしたら、最初の0の後に8を追加しなければなりません。すなわち、上記の番号ならば081-234-5678になると言うことです。

 タイの携帯電話は(と言うよりも、日本以外の携帯電話は?(^ ^;)、SIMというメモリチップで情報を管理していますね。ですから、どうやらそこに書き込まれている情報を更新しないとダメなようです。
 日本では、携帯電話の番号が変わったと言っても、利用者側には特に必要な手続きはありませんでした。しいて言えば、電話帳の番号を書き換えなければならなかったことぐらいですか。
 ところが今回のタイの場合、11月末日までにSIM更新の手続きをしないと、着発信ともに不能になるとアナウンスされています。ちなみに、11月末日までは旧番号・新番号ともに有効だそうです。
 問題は、期間中に更新できなかった番号の取り扱いです。まさか、そのまま廃止と言うことはないでしょうけど(^ ^; たぶん、復活のための救済措置があると思いますが、それがいつまで持つのかというのが重要です。たぶん、ヒヤヒヤしながら自分のケータイの運命を見つめている、年に1回リピーターや半年に1回リピーターのお父さんもいらっしゃることでしょうね。毎月のようにタイに行ってる人は、どうぞ勝手に電話会社の窓口に行ってくださいね。

 しかし、ケータイがこれだけ普及するようになって、外道活動もずいぶん楽になったものですよね。一番は、女の子にコッソリ連絡できるようになったこと。この一言に尽きます。プロの子にしろ、アマの子にしろ、直で繋がるケータイがあると、とっても便利です。まぁ、アマの子だとリフィルできてなくて、受けるだけで掛けられない……という子もいますけど(^ ^;
 自分も、ずいぶん女の子のケータイ番号が集まりました。1年経ったときに、どれだけ繋がるか、チョッピリ楽しみです。
  また、自分の場合は、在チェンマイの時にはチッカムの旦那とのホットラインにもなります。だいたい、午後4時過ぎると「メシ食いに行くぞ」って、お呼び出しコールが掛かります。

 ところで最近のケータイ電話は、タイでもいろいろなサービスが実施されています。身近なところではSMSサービス。日本で言う、メールってヤツですね。最近では、写メールとか着メロも加わってるんでしょうか。
 そんな中で最近増えているのが、逆着メロ?とでも言うべきもの。掛けた方に、一方的に相手の好みの曲を押しつけてくる、とんでもないヤツです。最初はビビリましたね。発信ボタン押したら、いきなり曲が聞こえてくるんですから。
 でも、あのサービスって、繋がったとたん(曲が聞こえ始めたときから)通話料が掛かってくるのでしょうか?

 それにしても、タイ人って、なんであんなでかい声で電話するんだろ……(^ ^;  タイ語の(と言うより、日本語以外の特性?)有気音?も関係あるとは思いますが。オイオイ、電話で喧嘩かぁ?  なんて思って見てみると、ニコニコ笑って話してたりして。
  ホテルの室内とはいえ,夜中の1時2時にあの怒鳴り声のような電話は,ちょっとゴメンして欲しいですね……(^ ^;

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
タイの電話文化
我がチェンライ、ノンブア村は去年まで有線電話なし、携帯も圏外でした。(庭にアンテナを建て、それに携帯をつないで使っておりました。)
 しかし今年になって村の近くに電波塔が建ったので、村もめでたく圏内になりました。そしたら、、、おっしゃることわかります、向こうからかかってくる電話の声のうるさいこと、うるさいこと、以前の習慣で怒鳴るようにしゃべっているんですよね。技術が改善されていることがタイ人にはわからないのでしょうか?
 唯一つ、感心するのはゴーゴーバーの大音響の中でも平気で電話できること、、あれは日本人には絶対マネできません。
フェラあり 2006/09/21(Thu)14:19:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
最新コメント
[04/25 永江聡]
[03/16 aey]
[03/16 aey]
[06/24 Kozy]
[06/19 けんさん]
[02/27 たかし]
[11/16 永江聡]
[07/31 そちんだ]
[07/31 マイサイ]
[07/27 そちんだ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Ryohta Sochinda
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]